スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鹿児島本線のレア行先の続き

では鹿児島本線レア行先の続きを

DSCN9948.jpg
DSCN9949.jpg
DSCN1595.jpg

福間行き
というだけなら日中に毎時2本ととても多い行先ですが
「快速」の福間行き、となるとまた違ってきます。
快速の福間行きは平日朝に1本あり快速区間は大牟田~鳥栖
車両は以前811+813が使われていた時期もありましたが今は415系が使われています。
上の2枚は千早~香椎を走っているその列車で幕はこのようにそのままの時もありますが
[福  間]という行先だけの幕に変えていることがほとんどです。
なお3枚目の画像は幕回しで撮ったものです。

DSCN9405.jpg
DSCN9413.jpg
DSCN9152.jpg
DSCN9153.jpg

さて次は箱崎行きです。
この箱崎行き、去年までは10時頃に415系の運用で1本残っていたのですがダイヤ改正により
箱崎行きは消滅となってしまいました。
以前は写真のように箱崎行きが夕方などで走っていました。
1.2枚目は普通に箱崎行きの811系ですが、ここで注目して欲しいのが3.4枚目
これは当時811系運用で走っているはずの箱崎行きになんと813-1100が充当
813の中でも共通運用でなかなか見ることの出来ない箱崎のLED表示を見ることができました。
なお2009年の有田陶器市号では箱崎行きとして走った列車もあり、快速の箱崎行きも走ったことがあるようです。

DSCN2540.jpg
DSCN1404.jpg
DSCN0707.jpg
DSCN1772.jpg
DSCN0716.jpg
DSCN0719.jpg
DSCN0715.jpg
DSCN9999.jpg
DSCN9933.jpg
DSCN9935.jpg

次は吉塚行きです。
吉塚行きは現在普通列車が平日2本(811・415)・休日1本(813+811)でそれに特急有明6号の吉塚行き(博多からは普通列車として運転)がいずれも1本ははいります。
なので吉塚行きに813系が入るのは休日のみでこれまら813-1100のようなLEDの吉塚行きはなかなか撮影することができません。
なのですが先日813系の運用に共通で組み込まれている817-3000がこの吉塚行きの運用に入ったので
なんとかLEDの吉塚行きを撮影することができました。
有明のほうはというとHTB/みどり編成の8両が使われており、こちらも日によってはLEDの車両が入ります。
他にも多客期に臨時のかもめ等が走る場合博多→吉塚で普通列車として客扱いし吉塚まで走る臨時列車が走ることもあります。

では今日はこれまでにします。

福北ゆたか線のレア行先

ここで少し福北ゆたか線のレア行先の紹介を
DSCN7343.jpg
DSCN7337.jpg
DSCN7345.jpg
2010-07-16 015
2010-07-16 014
2010-07-16 035
2010-07-16 060
2010-07-16 039
2010-07-16 047
2010-07-16 058
2010-07-16 089
DSCN0249.jpg
DSCN0254.jpg
DSCN0251.jpg

はい、まず一気に画像がでてきたと思いますがこれがゆたか線一のレア行先
そう、桂川行きです。
この列車は基本年に3本、初詣号で八幡発桂川行きが一本・飯塚納涼花火大会の臨時列車で新飯塚発の2本といった感じで走っています。
ちなみに去年は飯塚納涼花火大会の臨時は1本で817系の4両が使われてました。
その前の年は2本中最初の一本が415、二本目が817系の2両で2両でもワンマンでなく普通列車での運転でした。
初詣号については2010年1/1に行ったものでは817-1100が2両で入ってました。
それがこの写真の1~3枚目です。
次の4~11枚目はというと2010年7月に桂川~天道で土砂崩れが発生しその後まず午前中運休し日中は博多側にいる817系2両を篠栗~博多でピストン輸送、夕方から415系が入り桂川行きとして運転し始め、夜には813系(赤塗装)の6両がゆたか線桂川行きとして走行しました。
その翌日は鹿児島本線経由で車両を持ってきて桂川行き・篠栗行きなどで813系等を走らせました。
夜には前日に博多側にいた817系と813系一編成を組み合わせて5両で運用・他の813系は各3両で運用し415系は1編成はいってました。813系等は桂川行きとして走り415系は篠栗~博多のピストン輸送に専念という形でした。
夕方・の一部は快速の桂川行きとして運転されたりして一日が終わり、翌日からは完全に復旧という形でした。
残りの12~14枚目は2011年8月の飯塚納涼花火大会の臨時列車の桂川行きです。
この桂川行きがゆたか線内では一番のレア列車となります。

DSCN0174.jpg
DSCN0176.jpg
DSCN0182.jpg
DSCN1079.jpg
DSCN1080.jpg
DSCN1093.jpg
DSCN1094.jpg
DSCN1097.jpg
DSCN1100.jpg
DSCN1114.jpg

次に飯塚行きです。
相変わらずゆたか線の行先表示だと底なしというかあまりにも写真が多すぎるというか・・・w
こちらは定期列車で一日2本走っています。そちらの写真もありますがここは割愛して
最初の3枚が2011年8月の直方花火大会の臨時
あとが2012年7月の直方花火大会の臨時の飯塚行きです
なお定期列車では飯塚行きはどちらもワンマンなため、普通列車の飯塚行きは臨時、または増結でしか
見ることが出来ない珍しい表示となります。
前述の土砂崩れのとき篠栗側こそ桂川まででしたが直方側では飯塚まで走っていたようなのでそのときに
もし快速が走ってたのであればそれはレアですが当時すでに快速停車駅は統一されていて
もし快速として走らせると通過駅は勝野だけという状態になるので走らせてはないと思うのですが・・・

ゆたか線の行先画像はとても多いため今回はここまでとします。

早速ですがレア行先を

では早速レア行先紹介を
レア行先といっても撮りためた枚数がかなりあるので少しづつになりますが・・・
とりあえずは九州の大動脈鹿児島本線のレア行先を数種類紹介します。
DSCN0003.jpg
DSCN0045.jpg
DSCN0037.jpg
DSCN0047.jpg
DSCN0042.jpg
ではまずこちらの八幡行きです
これは2012年1/1の小倉~西小倉間の橋梁工事のために小倉行きの普通が一部部分運休となり
その一本が八幡行きとして運転されたものです。
車両は813系の6両でした。
八幡行きは以前福北ゆたか線からのやつが1.2本ほどありましたが今は皆無で
この臨時列車で久しぶりに八幡行きを見ることになりました。
定期列車では存在しないためとても貴重ですね。

DSCN0099.jpg
DSCN0101.jpg
DSCN0525.jpg
DSCN0526.jpg
DSCN0527.jpg
DSCN0522.jpg
DSCN0528.jpg

次に折尾行きです。
福北ゆたか線ではおなじみの折尾行きですが鹿児島本線では定期列車の折尾行きは現在存在していません。
少し前だと準快速の折尾~小倉の通過駅対応のために折尾折り返しで415系が使われてたりしていましたが
今は準快速の走行時間帯に折尾始発は設定されていますがこれは下りの遠賀川行きの折り返しであり遠賀川→折尾で回送後客扱いという形のようです。
なおこの写真だと上の2枚が八幡行きと同じく橋梁工事の影響で最終の1本のみ折尾行きでした。
そちらは811系の4両が使用されていました。
そのほかはすべて2011年8月の関門海峡花火大会の臨時列車で
こちらは日豊ワンマンの関連もあってか813-1100が多く使われていました。
そのため数本ある折尾行きも813-1100で運転されているものもありこれまた珍しいものとなりました。

787ポケモンラッピングなど 008
787ポケモンラッピングなど 010
787ポケモンラッピングなど 009

次は赤間行きです
この赤間行き、以前リレーつばめが走っていた頃は日中にも走っていて特に珍しくもない行先でしたが
九州新幹線開業に伴いほとんどが福間行きとなってしまったため今では一日5本程度になってしまいました。
また2012年8月の筑後川花火大会の臨時列車で1本快速(快速区間久留米-博多)の赤間行きという快速の赤間行きの臨時列車が設定されたりもしました。残念ながらそちらは撮影することができなかった(ホーム入場制限のため)ですがどうも快速区間(博多-久留米)|赤間という感じの幕で走ったようです。

今回はこれだけにします。
これから順次増やしていくと思うのでよろしくお願いします。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。