スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福北ゆたか線のレア行先

ここで少し福北ゆたか線のレア行先の紹介を
DSCN7343.jpg
DSCN7337.jpg
DSCN7345.jpg
2010-07-16 015
2010-07-16 014
2010-07-16 035
2010-07-16 060
2010-07-16 039
2010-07-16 047
2010-07-16 058
2010-07-16 089
DSCN0249.jpg
DSCN0254.jpg
DSCN0251.jpg

はい、まず一気に画像がでてきたと思いますがこれがゆたか線一のレア行先
そう、桂川行きです。
この列車は基本年に3本、初詣号で八幡発桂川行きが一本・飯塚納涼花火大会の臨時列車で新飯塚発の2本といった感じで走っています。
ちなみに去年は飯塚納涼花火大会の臨時は1本で817系の4両が使われてました。
その前の年は2本中最初の一本が415、二本目が817系の2両で2両でもワンマンでなく普通列車での運転でした。
初詣号については2010年1/1に行ったものでは817-1100が2両で入ってました。
それがこの写真の1~3枚目です。
次の4~11枚目はというと2010年7月に桂川~天道で土砂崩れが発生しその後まず午前中運休し日中は博多側にいる817系2両を篠栗~博多でピストン輸送、夕方から415系が入り桂川行きとして運転し始め、夜には813系(赤塗装)の6両がゆたか線桂川行きとして走行しました。
その翌日は鹿児島本線経由で車両を持ってきて桂川行き・篠栗行きなどで813系等を走らせました。
夜には前日に博多側にいた817系と813系一編成を組み合わせて5両で運用・他の813系は各3両で運用し415系は1編成はいってました。813系等は桂川行きとして走り415系は篠栗~博多のピストン輸送に専念という形でした。
夕方・の一部は快速の桂川行きとして運転されたりして一日が終わり、翌日からは完全に復旧という形でした。
残りの12~14枚目は2011年8月の飯塚納涼花火大会の臨時列車の桂川行きです。
この桂川行きがゆたか線内では一番のレア列車となります。

DSCN0174.jpg
DSCN0176.jpg
DSCN0182.jpg
DSCN1079.jpg
DSCN1080.jpg
DSCN1093.jpg
DSCN1094.jpg
DSCN1097.jpg
DSCN1100.jpg
DSCN1114.jpg

次に飯塚行きです。
相変わらずゆたか線の行先表示だと底なしというかあまりにも写真が多すぎるというか・・・w
こちらは定期列車で一日2本走っています。そちらの写真もありますがここは割愛して
最初の3枚が2011年8月の直方花火大会の臨時
あとが2012年7月の直方花火大会の臨時の飯塚行きです
なお定期列車では飯塚行きはどちらもワンマンなため、普通列車の飯塚行きは臨時、または増結でしか
見ることが出来ない珍しい表示となります。
前述の土砂崩れのとき篠栗側こそ桂川まででしたが直方側では飯塚まで走っていたようなのでそのときに
もし快速が走ってたのであればそれはレアですが当時すでに快速停車駅は統一されていて
もし快速として走らせると通過駅は勝野だけという状態になるので走らせてはないと思うのですが・・・

ゆたか線の行先画像はとても多いため今回はここまでとします。
スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。